電話番号:0480-25-1101

〒346-0029 埼玉県久喜市江面1562-1

久喜市 内科 甲状腺 糖尿病 高血圧|久喜江面クリニック|

甲状腺疾患

診療予定表

問診表は下記よりダウンロードして下さい。

  • 甲状腺疾患
  • 糖尿病
MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧頂けます。

甲状腺疾患

甲状腺(気管の前面に位置し、蝶形をした臓器です)でつくられるホルモンを甲状腺ホルモンと呼び、生きていく為には欠かせない大切なホルモンです。このホルモンは、食事から摂取されたヨウ素を原料としてつくられます。そして、熱産生や基礎代謝に深く影響をします。

よって、甲状腺ホルモンのバランスが崩れると、汗をかきやすく、体重が減少したり(機能亢進症)、逆に、寒がりや冷え性、低体温傾向、浮腫みやすい、体重が増える(機能低下症)という症状が出はじめます。

バセドウ病(甲状腺ホルモンの増加する代表疾患)

バセドウ病というと患者様は、「眼が飛び出る病気でしょ」と口をそろえて言います。最近では、芸能人の方が、バセドウ病であることを告白して頂いていることで、「○○さんの病気でしょ」と言われることも多くなりました。
この病気は、自己免疫異常が関与しており、甲状腺で過剰にホルモンが合成・分泌されるため、体重が急激に減って、癌を心配し受診されたり、動悸や血圧の上昇、イライラするなど様々な症状を訴え受診されます。
また、治療法には、[1]薬物治療[2]手術[3]放射線ヨード治療があり、薬物療法については、数年間を必要とし、中止後、再発もしばしば認められる疾患です。

慢性甲状腺炎

別名:橋本病として有名(甲状腺ホルモンの低下する代表疾患)。甲状腺ホルモンの低下により疲れやすい、便秘、体重増加、髪が抜けやすい、声がかすれる、月経不順、汗をかきにくいなど様々な症状があります。
甲状腺ホルモンの低下する原因はたくさんありますが、甲状腺自体が障害され甲状腺ホルモンの合成・分泌が障害されるものを原発性甲状腺機能低下症と呼び、その圧倒的多数の患者様は、橋本病です。治療は、甲状腺ホルモン剤の補充です。
一生、服用することになる方が多いです。(埼玉県では特定疾患に該当します)

甲状腺腫瘍

腫瘍の中には、良性腫瘍(良性腺腫)と悪性腫瘍があり、やはり問題なのは、悪性腫瘍です。しかし80%以上の大部分は分化癌であり、生命に関する予後は、一般的に良好とされています。甲状腺悪性腫瘍の中には、乳頭癌、濾胞癌、未分化癌、髄様癌、悪性リンパ腫が分類されます。

甲状腺炎

ウイルス感染が原因とされる亜急性甲状腺炎というものは、頚部の痛みが強く、下顎や耳の方までに強く痛みを訴えます。最初は、甲状腺の病気と気がつかず、耳鼻科や何度も内科を受診してしまうこともあるようです。副腎皮質ホルモン剤が治療にとても効果的です。
また、無痛性甲状腺炎という疾患もあり、これは、慢性甲状腺炎(橋本病)の方におこることが多く、また分娩後にも発症することがあります。治療は対症療法のみで、ほとんどが経過観察です。

ページの先頭に戻る