電話番号:0480-25-1101

〒346-0029 埼玉県久喜市江面1562-1

久喜市 内科 甲状腺 糖尿病 高血圧|久喜江面クリニック|

病気のお話

診療予定表

問診表は下記よりダウンロードして下さい。

  • 甲状腺疾患
  • 糖尿病
MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧頂けます。

H27.9.9 甲状腺疾患の【あるある話】Part1

診察中に良く聞かれる先生と患者様の会話 ~ナース目線から~

甲状腺疾患を疑い初めて来院された方の会話
「私、甲状腺があるって言われたんです。」
「私、健診で甲状腺と言われました。」
「甲状腺は人間、動物がみんなもっている臓器(内分泌臓器)ですよ!」
「甲状腺の何という病気を指摘され、治療されているのですか?」
・・・と先生は話をしています。
甲状腺とは:生きていく上で必要な熱産生や代謝に関わる甲状腺ホルモンをつくる器官。首の前面にあり男性で言うと、のど仏の下に蝶が羽を広げたような形で存在します。
(診察時や人から首が腫れていない!?と指摘されたり、甲状腺を触って『しこりがある』『大きいね』と言われた場合には異常があるかもしれません。)
甲状腺の代表的な疾患:バセドウ病、橋本病(慢性甲状腺炎)、亜急性甲状腺炎、甲状腺癌(乳頭癌、ろ胞癌など)、腺腫様甲状腺腫
~甲状腺疾患は家族歴があることが多く、初診の際に質問させて頂きました。
これをきっかけに家族も調べて甲状腺疾患が見つかる方もいましたよ!
バセドウ病や橋本病で治療中の患者様との会話
「前の病院で海藻類は食べてはダメと言われたのですが・・・」
「食べたらいけない物はありますか?」
「ヨード制限が必要な検査や治療を行う前ならともかく、過剰に摂らなければ普通でいいですよ!」
「今の治療状態が安定していれば、今までの食生活で構いませんよ。」
「イソジンガーグルの連用や、おでんに入っている昆布を毎日食べるとか極端な過剰摂取にならなければ気にしなくていいですよ。」
・・・と先生は言っています。
「外食でも昆布だしが使用されていると思ったら、何にも食べられませんよね~。」
「食べ物以外にも注意しなくてはならないのは、ヨード造影剤です!特に女性は、子宮卵管造影を予定された場合は産婦人科の医師に甲状腺疾患があることを告げ、もちろん当クリニックにもお知らせくださいね。(検査によって甲状腺機能に影響が出るみたいです。)」
バセドウ病で薬が開始になった患者様との会話
「どのくらいの期間で治りますか?」
「何か月くらい薬を飲むのですか?」
「バセドウ病だと目が出てしまいますか?」
「個人差はありますが早い人で2~3年。5年10年かかる人もいます。2~3年経っても薬を中止できない方は、このまま薬でいくか放射線治療あるいは手術に切り替えるか検討していきます。」
「バセドウ病だから全員眼の症状がでる訳ではありません。バセドウ病の経過中にバセドウ病眼症を合併してくるのは軽い変化の方が30%、強い変化の方が5%で、残りの方は眼には明らかな変化は現れません。」
・・・と先生は言っています。
「バセドウ病の患者さんで他院から来る方の中には、何回も中断したりして来院する方が多いですよ~。」
「眼の症状は、眼が出るだけではありません。まぶたが腫れたり、ドライアイになったり、二重になったりと様々です。必要な方にはバセドウ病眼症として専門医を紹介していますので、気になる症状があればどんどんお知らせ下さいね。」
橋本病で薬を飲んでいる方の会話
「薬は一生飲むのですか?」
「他の薬も飲んでいますが一緒に飲んでいいですか?」
「薬の継続が必要と判断され、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)を服用し、甲状腺
機能が正常化、安定した状態が維持されている方は一生飲み続けなければならないでしょう。自分勝手に中断すればまた甲状腺機能低下に陥ります。」
「どんな薬ですか?鉄剤ですか?胃薬ですか?抗生剤ですか?」
・・・など聞いています。
「妊娠が分かっても薬は止めないでくださいね!妊娠が判明すると薬が増量される場
合が多いのですぐに受診して下さい。分からなければまずはお電話下さい。」
「よく聞くのが鉄剤ですが、内服時間をずらすことで支障はないみたいです。
野菜ジュースやダイエット食品などの繊維の多い食品も甲状腺ホルモン剤の吸収を妨げることがあるみたいです。他のお薬が開始になった場合などは必ず先生にご相談して下さいね!」 

★ 診察室を出てから“あっ”と思ったことなどがありましたら、気軽に声をかけて下さい・・・

ページの先頭に戻る