0480-25-1101

〒346-0029 埼玉県久喜市江1562-1

バリアフリー対応

久喜市 内科 甲状腺 糖尿病 高血圧|久喜江面クリニック|

糖尿病教室

スタッフ便り

病気のお話

糖尿病教室

診療予定表

問診票はこちら

甲状腺疾患

糖尿病

MOBILE SITE
HOME»  糖尿病教室»  糖尿病教室

H28.4.21 第49回 糖尿病教室

  • 第49回 糖尿病教室実施報告

報告者:看護師 我妻
早いものでクリニックで働き始めてもうすぐ2年が経とうとしています。まだまだ未熟な私ですが、他のスタッフ同様に患者様に信頼されるような関係を早く築いていければいいなぁと思い日々頑張っていきますのでよろしくお願いします。
そしてこの度、私も参加2回目となる高尾山登山に行って来ました。去年は、初だったので何も分からずただひたすら黙々と歩き登りきることが出来ましたが、今回はルートも分かっている為、逆に日頃の運動不足が心配で少し前からちょっとウォーキングをしてみたりしようとしましたが、実際は怠けてしまいあまり実行できませんでした。
こんな私ですが、その高尾山登山のことを皆さまに報告させていただこうと思います。

平成28年4月21日(木)第49回糖尿病教室・高尾山ハイキングに行ってきました。

今回でクリニックの高尾山登山も3回目となりました。
週間天気予報が出るやいなやその日だけ傘マークがついており、スタッフも前日まで行けるのかどうか分からず、そわそわと落ち着かない雰囲気が漂っていました。時間ごとの天気予報が出て、降雨は15時以降ということがわかり、高尾山登山が決行となりました。

当日は朝から曇っており天気はいまいちでしたが、参加者(スタッフ含め)39名でバスに乗りいざ高尾山へ。今年も昨年同様稲荷山コースを登りました。
しっかり準備体操をしたのち、3グループに分かれ登山開始です。若干のハプニングはありましたがAグループ、Bグループは無事に登頂できました。先の2グループにかなり遅れをとりましたが、平均年齢のやや高いCグループも最後の200段の階段をみんなで励まし合いながら登り切り、山頂へ到着です。

今年は、薬王院にて精進料理をいただくことになっていたので、そのまま薬王院へ向け再び出発です。薬王院に到着するころには12時をだいぶまわっていたため、かなりお腹もすいていました。と、ここで行きのバスで予想した血糖値をもとに血糖チェックの時間です。
登山効果で皆さんいい血糖値が出ていました。普段もその位の血糖値が維持できるといいですね・・

さて、お待ちかねの精進料理をいただきます。精進料理は思っていたよりも品数が多く、ボリュームもあり、おいしかったです。食事の途中、同行していた管理栄養士の伊藤さんから精進料理のお話もあり、精進料理は意外とカロリーがあるということを知りびっくりしましたが、皆さん完食だったのではないでしょうか。

お腹もいっぱいになりケーブルカー乗り場まで下山開始です。ケーブルカー乗り場付近まで来た時、ポツポツ・・と今までなんとかもっていた空から雨が降り始めてきました。
そのままケーブルカーで下山し、雨が強くなる前にバスに戻ってくることが出来ました。帰りの車内は、皆さんややお疲れの様子でしたが、なんとか無事に今回も登山を終えて帰って来れ、また一つ皆さんとの良い思い出が出来ました。

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

第49回 糖尿病教室

H27.9.5 第48回 糖尿病教室

  • 第48回 糖尿病教室実施報告

平成27年9月5日(土)晴れ 参加人数21名

今回の教室は、東京都福生市にある高村内科クリニックのトレーナーをされている小池日登美先生をお招きして運動方法をご指導いただきました。
参加者の皆様にはタオルをご持参いただき、椅子に座ったままで行える運動を行いました。
手足を動かすだけでなく、音楽に合わせ、考える動作を入れることで脳トレにもなり認知症予防にもなるという事でした。どれも簡単そうに見えるものでしたが、実際に行ってみると意外と難しくスタッフも夢中になってしまいました。参加された皆様もとても楽しそうにされていたので、ご自宅でも続けていけたらいいなと思いました。
参加者の方の、リズミカルな動きに講師の小池先生は大変驚かれていました。
参加された方のほとんどが何らかの運動をされているという事でしたので日々の成果があったのでしょう。嬉しく思います。

「運動」というと敷居が高い・・・大変・・・なイメージがあると思いますが、今回の教室で行った家でできる簡単な事でも少しづつ継続して行うことで筋肉の低下を防ぎ、その事が良好な血糖コントロールに繋がります。
暑い夏も終わり、徐々に過ごしやすい季節になってきました。
今年は食欲の秋ではなく、是非スポーツの秋にしましょう。

第48回 糖尿病教室

今回の教室は、実践的な運動です。

はじめは、背中に手が回らず・・上がらず・・・

運動風景  結んだタオルをキャッチ!

スポーツでなく運動をしましょう!

ウォーキング  腕を大きく後ろに振る!

H27.5.23 第47回 糖尿病教室

  • 第47回 糖尿病教室実施報告①

平成27年5月23日(土) 晴れ 参加者 21名
今回はおやつの食べ方についてのお話ですが、
本題に入る前に、第46回糖尿病教室の高尾山登山の報告がありました。
糖尿病教室として高尾山に登るのは2回目という事もあり、お天気にも恵まれ参加の皆さんも無理なく登れたそうで、皆さんの余裕の笑顔の写真がとても印象的でした。ハイキングや山登りなどはいつもできることではないですが、日々の習慣として楽しくできる運動があると良いですね。

さて、おやつの食べ方の教室ですが、
今回の教室ではケーキを食べていただいて前後で血糖値を測定するという試みをしました。
血糖値の予想もしていただき、ケーキを食べた後の血糖値がどうなるか考えて頂きました。
大幅に血糖値が上がる予想をされた方が多かったですが、意外にも、実際には1時間後の血糖値はそれほど上がらなかった方が多かったです。これは薬の影響もあるのだと思います。
今回はこのような結果でしたが、やはり、3回の食事以外に間食をすると血糖値のコントロールが乱れやすくなります。
間食は心の栄養になったり生活を豊かにすることもあるので全く禁止にすることは難しいですが、食べる量や時間に気をつけて上手に間食をとりましょう。
また、最近ほんのり甘いお水が流行っていますが、含まれる砂糖が多くて驚きます。
500mlのペットボトルに平均20~30gの砂糖が含まれているので要注意!です。
間食のとりかたのポイントは、
なるべく低カロリー・低糖質(含まれる糖分が少ない)のものを、量を少なく、早い時間に、です。
これから暑くなりますが、味のない水分をしっかり摂って体調管理をしていきましょう。
やはり基本は、食事と運動そして薬を忘れずにです。

  • 第47回 糖尿病教室実施報告②

平成27年5月23日(土) 参加者21名
今回のテーマは
間食について~上手なおやつの食べ方を知りましょう~
でした。
始めに看護師の橋本から前回の高尾山登山について少しお話しました。
その後、今回はおやつを食べるとどのように血糖が変動するのかという勉強も兼ねて、あえてデザートを用意し召し上がって頂きました。
久喜市ベルツさんのケーキ10種の中からお好みのものを選んでいただきました。
やはり!?一番高カロリーであったモンブランが一番人気でした。
高カロリーのものは特においしいですよね・・・。

血糖値は、患者さん各自の病態や治療内容によっても異なり、たとえ同じ種類のケーキを食べたとしても、血糖値の変動が同じになるわけではありません。
しかし間食をすれば血糖値が高く変動することは確実です。
食べた後にどう過ごすか・・・運動して過ごす? 昼寝する? 掃除をする?
買い物を車でなく自転車で行く? 
日常生活で血糖値の変動を意識してもらうことが普段の生活を見直すきっかけになればいいなと思います。

 

第47回 糖尿病教室

「稲荷山」

デザート

間食をする前に~必ず考えてほしい10のこと~

果物は砂糖漬けの野菜!?

血糖値の予測と実測の結果?

H27.4.22 第46回 糖尿病教室

平成27年4月22日(水) 第46回糖尿病教室・クリニック2回目の高尾山登山に行ってきました。
前回と同様に大型バスを貸し切り、スタッフ含め40名の参加です。
昨年は初めての登山なので初心者コースを選択しましたが、今年は少し難易度が上がり
稲荷山コースを登ってきました。その為、今回は加須市の本町福島クリニックの院長福島祐一先生にもご参加いただき、医師2人態勢・準備万端で臨みました。

昨年同様に4グループに分かれての登山です。前半に辛い階段や坂が続きましたが、休憩を少しづつ挟み怪我や気分が悪くなってしまう方もなくリタイア0人で登頂に成功しました!!
1番辛そうだったのは当院院長かもしれない・・・(汗)

山頂で昼食をとり、帰りはケーブルカーで下山しました。
バスへ戻ってからはお決まりの血糖測定です。昨年よりもみなさんご自分の血糖変動パターンを理解されているのでしょうか。
予測値が実測値に近い方が多かったです。なんと予測値とピッタリの方がいました!

 

昨年、調理実習を兼ねた実践的な教室を企画しましたが、台風の影響で中止となってしまいました。
また埼玉県内で企画されているウォークラリーにクリニックで初参加を予定しましたが、診療予定と合わず断念。
冬の期間は、感染症の流行等から毎年のごとく教室の開催は行っていません・・・。

今回本当に久しぶりの糖尿病教室でした。
帰りのバスの中で疲れた様子も見受けられましたが、次に診察で受診された時に「楽しかった」「気持ち良かった」「次はいつ行くの?」等のお声をいただきました。

糖尿病教室では普段の診察時の患者さんとはまた違った一面を見ることができます。
診察時にはなかなかする事の出来ない他愛のない会話を楽しむことも出来ます。
糖尿病は治らない病気と言われていますが、上手に付き合っていく事が出来れば、決して怖い病気ではありません。
患者さんの笑顔が見られるとスタッフの励みにもなります。

また来年も運動療法の一環として皆さんと登山を楽しむことが出来たらいいなと思います。

第46回 糖尿病教室

「高尾山」

 

稲荷山

1班

2班

3班

4班

登山終了

H26.5.22 第45回 糖尿病教室

平成26年5月22日(木)にクリニック初、登山に行って来ました。
参加人数は、スタッフ含め43名と、大型バスの貸切です。
登山当日までの1週前から、天候が心配で、雨の予報が50%以上ならば中止と取り決めをしていたので、
刻々と変わる天気予報に振り回されました。

前日は、朝から雨で、それも大荒れの天気、5/22当日の降水確率も微妙・・・・
せっかく下見の登山、下準備の苦労を思えば絶対に行きたい!

でも、やっと予報が確定し、晴れの予報から高尾山登山が決行ときまった瞬間、
「患者様を怪我なくつれていけるか、、、」不安が募るばかりとなりました。

説明が遅くなりましたが・・・登山の場所は、東京都にあり、ミシュランガイドに登録された今や有名な「高尾山」です。クリニックからは、久喜から桶川の圏央道にのれば、約1時間半で到着する近い場所です。

登山当日、快晴の天気。朝の7:50に久喜を出発。
院長の挨拶に始まり、スタッフも含め参加者全員の自己紹介を実施。
「50年振りに高尾山です。」「20年振りです。」「高尾山に向けて運動を頑張ってきました」
など様々な挨拶があり、そうこうしているうちに狭山サービスエリアに到着。休憩後、25分で高尾山口に到着。

さあ、登山に向けて、準備体操、4班に分かれて、いざ出発。
中には、ケーブルカーで上がる気でいた方もいましたが…
そこは糖尿病教室です。運動の実践です(笑)。

高尾山には、登山ルートが数本あり、スタンダートな1号路を選択。
なだらかな登山コースですが、いざ登ってみると結構きつい・・・。
参加者の年齢層は50~70歳代が多く、元気に登る方、持参したステッキを使う方、いや~きついと休憩をこまめにとる方、スタッフも緊張しながら声をかけかけの登山でした。気温も高かったことも影響し、水分補給のための休憩も多くなり、1時間半の予定を大幅に延長させ約2時間半かけて山頂へ無事全員でたどり着くことができました。

帰りはケーブルカーを使用したのでとてもスムーズに下山できました。
バスに着くなり突然の大雨となり、みなさんの日頃の行いが幸いしました(笑)
バスの車内で血糖を測定し、自己の予測値と近い方の表彰を行いました。
水分補給に糖分の多いものをとられた方や天狗焼きを食べた方は血糖値が高くなっていました。

帰りの車内はやはりみなさんお疲れの様子でした。ですが、みなさんのご協力もあり、無事にクリニック初登山を終えることができました。

嬉しい事に、今回参加された方・参加できなかった方から次回もぜひというお声を頂いております。
次回は登山ではなく、9月28日東松山の方で行われるウォークラリーに参加したいと考えています。
ウォーキングだけでなく、グループでクイズなど楽しめる内容になっていると思います。

近くなりましたらクリニックでお知らせいたしますのでご希望の方はお声かけ下さい!

第45回 糖尿病教室 高尾山 登山 平成26年5月22日(木)晴れ 参加人数スタッフ含め43名

前日の雨の天気が嘘のように、快晴の中 クリニック初の大イベント「高尾山」登山へ

朝7:50 久喜を大型バスで出発し、車中にてスタッフ紹介(本当にご協力ありがとうございました。)

バスの中、参加者のみな様も、自己紹介!50年振りに行く登山です!初めての登山です!さあ~4班に分かれて、出発です!!

無事に全員で記念撮影 高尾山 山頂

山頂~食事~無事に下山!またの企画は??この登山の感想は、「きつかった」「ちょうどよかった」との方ばかり。でも、みなさんが、楽しかったと言って下さり、スタッフ一同、安堵しております。バスの中の血糖測定と自分の血糖値推測はいかがでしたか?本当にお疲れ様でした。

バックナンバー

PageTopへ戻る